2008年04月30日

♪寿司食いね〜♪

先週末の様子を写真でお届け。
多分説明しなくても見ればわかると思うので〜!笑

IMG_3805.JPGIMG_3800.JPG


←てんぷらバナナwithアイスのせ(もはやなんでもあり)

でも海外ではメジャーらしいので食べてみた。
・・・意外においしかった。


IMG_3803.JPG日本食を食べに行こうと言い出したのは私ではありません。
スウェーデンの子が「も〜〜、最近ずっと寿司食べてないし〜!!寿司食べたい〜〜」とのこと。
あんた、日本人のあたしでもこっちきてから寿司食べたーい!って思ったことはないよ。
焼肉は恋しいけど、日本食じゃないね★笑
でもめっちゃくちゃ高くて、この日のお陰で無一文です。今週は隠居生活です。
客層はペルーの一部のお金持ちさんと、欧米人しかいません。ペルー人庶民はとてもでもないけど、手が出せるような価格ではありません・・・。





EDO SUSHI BAR

San Isidro
Av. salaverry 3230

Miraflores
Berlin 601 Miraflores

San Borja
San Borja Sur 663


日曜日はリマから少し離れた町、山?に、チリモヤというペルー産の代表的なフルーツのお祭があったので行きました。




リマからバスで約2時間ほどで到着。Callahuancaという町らしい。
めっちゃマニアックな場所でした。


IMG_3835.JPGこれがチリモヤというフルーツです。初めて食べると不思議な感触ですが甘くておいしいですよ〜!大好きです!

なんとこのチリモヤは、そのままでもいけるし、アイスにもなるし、ケーキにもなるし、ヨーグルトにも、ドーナッツみたいなものにも、なんにでもなっちゃうのね〜★

何でもおいしいよ〜!






IMG_3860.JPG
ペルーの代表的名ダンスのショーがあったり、ミュージシャンを招いて生演奏があったり、天気が良くみんなビールを飲みながらのんびり過ごしていました。

チリモヤ料理いっぱい食べてお土産買って帰りました〜!





posted by amy at 11:49| 東京 ☀| Comment(2) | リマ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オレンジデイズ

今日はペルーでの大学生ライフ(私ではなく、一般的な)を紹介します。

まだ来て二ヶ月なので、たいしたことはわかっていませんが、わかる限りお伝えします。

ペルーの大学は5年制です。でも途中でやめる人も多いそうです。

キャンパスの規模は様々で、ビルの一角並みに小さいものから、日本で言う小学校くらいの大きさ(ちなみに私の大学は中規模なのでこんなくらいです)、欧米並みの雄大なキャンパスとあります。私が習っているダンス教室がある大学はまさに欧米並みの巨大キャンパスです。緑もいっぱいあって、動物がそこらへんを歩いてて、みんな芝生でゴロゴロしています。

一般的に大学生は基本みんなすごい勉強するみたいです。こればかりはうちの大学では確認できない現象ですが。笑
ただこっち来て驚いたのが、授業が朝の7時から、最終の授業終了時間はなんと夜の11時!!
しかも、必須の授業が多いみたいで、例えば朝8時から11時まで1コマあって、次の授業が夕方の6時から始まるとか、4,5時間あいだがあくとか普通です!あたしゃー絶対やだ・・・。でも必修だからしょうがないみたいです。土曜日も朝から夕方まで授業があったり。週6で学校とか・・・。私の友だちで時間割の都合上、ほとんどの日、朝7時から夜の11時まで学校にいるっていう子もいます。住んでいる場所が学校だと言っていました。確かに。

みんな大学の近くに家族と住んでいて、(ちなみにペルーでは一人暮らしなんてほぼ存在しません。笑)
大学選びも基本家から近いとこってのが最優先で選ぶんじゃないかな。バスで50分が限界みたい!

学生はほとんどアルバイトはしてなくて、平日はみんな学校業に専念してます。ていうのも、さっきみたいな時間割の人が多いからね〜。
で、週末は友だちとパーティーにいったり、踊りに行ったり。でも意外に毎週末、金、土、は遊びまくるぜ〜〜って感じではなく、たまに土曜日の夜に遊びにいったり、友だちの家で映画見たり、日曜日は家族で過ごしたり、ゆっくり休んでって感じです。

男の子は長期バケーション(12月終わりから3月まで)の間、アメリカに出稼ぎに行って、住み込みで働いて、大金と最新のパソコンとデジカメを買って帰ってくるってのも多いそうです。

あと・・・キャンパス内はどこでもタバコを吸えるって言う最悪な環境。喫煙者男女問わずとーーーっても多いです。。。
校舎内、廊下でも可(!)、カフェテリアでも可!耐えられません!

でも基本みんなのびのびした学生生活してるね〜。
日本って授業終わったとたん、「じゃ!バイト行くわー!ダッシュ(走り出すさま)」だよね!バイトが専攻ですみたいな。笑
ははは。

世界中の同い年がどういう生活してるのか知るのってすごいおもしろいよね〜。

すごい私の主観的なものになっちゃったーー!!笑
ま、あくまで一人の見解ですので。ちゃんちゃん!
posted by amy at 00:25| 東京 ☀| Comment(3) | 大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月25日

悪い子はいね〜が〜

今日はアフロペルーダンスの先生の個展展示会へ行ってきました。

7時からだったのですが、毎回のごとく始まったのは案の定8時。
ということで、近くが観光スポットのアルマス広場や、リマ版竹下通りがあったのでブラブラ。






竹下通りでは洋服がまじ安かった〜!
1着お出かけ用に買ってしまいました。結構ペルーにしてはかわいくない??

 ←ちなみに日本円で350円くらい黒ハート

会場に戻って、先生の展示会がやっと始まり〜


今日が初日だったので、オープニングといことで先生が伝統的なアフローペルーダンスを披露してくれました。
まじ先生素敵なんです〜。ダンスが上手いって先生だから当たり前なんだけど、ほんと踊るときの腰の振りとかほんと素敵すぎる。

今日披露したのは、私が習っているのとは違うタイプなんだけど、とっても興味深かった。みためは秋田のなまはげと少し似てたけど。笑







先生はダンスだけではなく、プラスティックアート、絵画、演技などなどもしているそうです。
まだまだアフロペルー(ペルーにおける黒人文化)文化について語れような知識は全く無いのですが、少しづつ勉強していきたいです。とりあえず音楽はかなりお勧めなのでいろいろCD買ってみてそのうち紹介したいな。

それにしても今日の洋服1着とスタバが同じ値段とは・・・・(まだ引きずっている笑)

posted by amy at 13:34| 東京 ☀| Comment(3) | リマ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月24日

CAFE

今日は気分をリフレッシュする為に大学の帰りにスタバへ寄ってきました〜。
こっちって一人で行動することってあんまりないんだけど、今日は一人で大好きなJulieta Venegasを聞きながら鼻歌まじりで20分ほど歩いてスタバへ。

でもこんなにスタバへ行くのに勇気がいるとは・・・。
ていうのも、こっちの感覚だとスタバはめっちゃ高い!てか、外国人観光客か、裕福な人しか来ない〜。ほとんどの現地人スタバとか全く興味な〜〜い。

でも読まなきゃいけない課題がたくさんあったのと、気分をリフレッシュしたいのと、日本にいた頃のそういう"しゃれたもの"みたいな感覚を思い出したいのと、恒例の日々の行いの反省会(笑)と・・・おっと、きりがない!笑

痛い出費だったけど、心地よく過ごせたから、自分へのご褒美としよう!

日本にいた頃のともだちといろんなおいしいレストランだのカフェめぐりしたりがほんと恋しい〜。
こっちもダウンタウンにいけば、オシャレなカフェやレストランはいっぱいあるけど、お金がないっていう悲しい性が・・・。

ま、日本に行けばいくらでもできるので、我慢します♪

でも、やっぱあたし一人で行動するの好きだな〜。

今のところ、リマで隠れ家的スポット情報を二件(1つはカフェ、もう一つは映画館)入手したので、そこに行くのが楽しみなんだ〜。

行き次第報告しま〜す☆

今日帰りのバスで、乗客が少ないから(最終的にはあたしともう一人しかいなかった)、この先はいかん!とか理由でバスを途中で降ろされた〜。

なんて合理的なのかしらひらめき

posted by amy at 07:33| 東京 ☀| Comment(3) | ペルー生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月18日

貧乏子沢山

日本は少子化で、親は子どもを甘やかし放題、塾に行かせて、親は共働きで・・・全く日本はどうなっているの!

でも、これ今ペルーというか、首都リマでも同じことが起きています。

まだペルー人の私の年代20代の子達は兄弟が6人いるとか、9人いるとかは、そう珍しいことではないんです。
でも確実に今の子どもたちの兄弟の数は最高3人ぐらいだそうです。
私は小学校1年生のクラスのお手伝いをしているけど、子どもたちに何人兄弟?と聞くと、やはり返ってくる答えは最高3人。

一緒に住んでいるお母さん(1年生の担任の先生)とも、それについて話したんだけど、リマで子どもを育ててら、子どもを大学まで行かそうと思ったら3人で相当な金がかかるそうです。

とりあえず、共働きは必須、共働き=家政婦が必要(こっちではそうみたい)、国立学校では満足な教育は受けれないから、小学校から私立に行く→制服を買わないといけない、毎年大量の教科書も買わないといけない、高い学費も払わないといけない。中学校に入ると、今度はパソコンを買ってあげないといけない、大学受験やいい職につきたい、もしくは欧米で成功してもらいたいなら英語塾に通わせないといけない。こっちも日本と同じくらい英語塾みたいなのがいっぱいあって、「英語話せますか?」とかいう大きな看板を掲げてたり、こっちも英語は必須みたい。こっちも国立の大学は入るのがとっても難しいので、大体は私立に行くけど、大学も学費はとっても高く(こっちの感覚だと)、しかも5年制。大学生ぐらいになると、一人一台パソコンを買ってあげないといけない・・・。
しかも、こっちの大学生って日本みたいに、自分で使うお金は大体自分でバイトして稼ぐって感じではあまりない気が。日本ほどアルバイトしてる人は確実に少ない!ということは、お小遣いもあげないといけない。

ふ〜〜〜〜。納得ですね。

そりゃお金がかかるわ。

やっぱ一番大きいな違いは、小中学校は私立に行かないといけないところだろうね。だって、日本だったら無料で教科書までくれて、学費もタダで、質のいい教育を、みんな平等に受けられるけど、ほんとすごいことだよね。当たり前に思えることだけど、こっちではとっても羨ましいこと。

こっちは本当に家庭の収入が子どもの将来を決めるといったら過言かもしれないけど、収入が低ければ子どもはある程度ちゃんとした教育は受けれない。奨学金だってほとんどないといっていいほどだから、大学に入るには国立しかない。
しかも日本は好き嫌い言わなければ職はた〜くさんあって、別に高卒でもいくらでもやっていける。(今は変わりつつあるのかもだけど)
でもこっちでは学歴なしではある程度つける職は限られてくる。日本以上に教育にお金をかけることはとっても大事。

ペルーの経済は良くなってると言われているけど、何よりも国が子どもたちを平等に質の良い教育を受けれるようにしてくれることが私の一番の望みです。

posted by amy at 08:25| 東京 ☔| Comment(4) | ペルーの教育事情 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。