2008年11月27日

ペルーに殺意を抱くとき

今回の題とは打って変わってブログの背景を少しクリスマスにしてみました〜雪雪クリスマスクリスマス

先週末APECの連休を利用して、LIMAの山のほうへ行って来ました。
(私が住んでいるのはLIMA県LIMA市(的な感じ)であって、LIMA県内は海岸地帯と、山岳地帯がありあます。)

今まで色んなところへペルー国内旅行してきたけど、リマ県内を旅行したのは実は初めて!
近いと逆に行かないってやつです。というのも、卒論の為ですが。

今回行ったのはYauyos市TUPEという村です。

この村はリマ県に住んでいる人でも知りません。

なんてたって、標高2800mの山奥にひっそり隠れているんです。

その村の人々は"ハカル"という、インカの言葉であるケチュア語より古く、なんとペルーの歴史上で最も古い言語を話すんです。スペインに征服され、インカもこの村に着いたのに、今でも彼らの独自の言語を保っているのです。しかもその言語はペルー国中でTUPE, AIZA, COLCAの3つの小さな村でしか話されていなくて、危機言語の一つでもあります。

村の人たちが着ている民族衣装も全くペルーらしくない!!刺繍がない。まじで謎だ!

そしてどうやってこの"ぐぶろーばりぜーしょん"とかいう世の中でここまで彼らの言語やら衣装やら、文化を守ってこれたのか。。。

それは地理的問題に深く関係しています。


TUPEへ行くには車では行けないのです。

山を歩かなきゃ着かなーーい。

Limaからどうやって行くかというと・・・

Lima
 ↓       
Cañete
 ↓
Imperial
 ↓
Catawasi 
 ↓
Aiza
 ↓
Tupe

リマからカタワシという村?町?まではなんとか問題なく行けます。ちなみにAIZAまでは車で行けるような道が整備されています。(去年道路ができたばかり!)でも、カタワシからAIZAに着けるかは運次第。笑 ちなみにトラックに乗せてもらうという方法しかありません。それかものすごい高いお金を払って現地の人の車で乗せてってもらうか。(めっちゃぼったくります。笑)

あたしは運悪く、着いた日にはもうトラックが出てしまったので仕方なく次の日まで待つことに。。。

早朝6時ほどに出発して車で1、2時間ほどで、AIZAに到着!

IMG_6468.JPG



で、AIZAからTUPEに行くには歩くしか方法がない。。。道が整備されていないんです。

IMG_6478.JPG

Aizaを出発!!

IMG_6489.JPG


TUPEまでの風景はとーってもきれい!

雪解け水なのでとーーーっても冷たかったー!休憩がてら足を入れたけど、冷たすぎてすぐぎぶあっぷ。


IMG_6501.JPG


滝も流れていたり



IMG_6513.JPG


AIZAから歩くこと2、3時間・・・TUPEに到着!

IMG_6526.JPG




村はものすごい小さくて人口もTUPEは200人ほど。TUPEには宿泊施設やレストランはありません。でも毎週観光客はぽつぽつ来るそうなので、空き部屋を貸してくれます。5〜8solesくらいかな。

でも1日目泊まった部屋は夜寝ていると・・・

がさがさがさ・・・・

がさがさが・・・・・

明らかに何か動物が動いている音がまじかでする。そしてその音は小さな小動物の動きではない…。見たくもないから必死に気にしないようにした。次の日聞いたら

「モルモットか、大きなねずみだよ〜。でも何もしないから大丈夫よ〜」とか言われた・・・。

それはさておき、夜は満点の星空が見れますよ!リマとうって変わってキレイな空気で、川も流れてるし、遺跡もあったり、もーーっと上に上ると湖もあるそうです。


こんなに小さい子も民族衣装を着て学校へ行きます。




小学校にもお邪魔させてもらいました。教室ではハカル語を教えてもらって、私は日本語を教えました。



私は観光ではなく、論文の為に行ったのでTUPEの現状や問題も知ることができました。

去年ピスコの大震災がこの村も影響して、まだ教会はくずれたままで、修復作業を村民がしていました。家もくずれたままで放置されていたり。




震災で学校が完全崩壊してしまい、今は仮の校舎で生徒たちは勉強してます。
これが仮の学校↓




仮とは言え、天井は隙間があったり、プレハブで日中はものすごい暑いし、雨が降るときは雨漏りするしで、勉強するには適切とはいえません。

この村はペルー政府にも完全に見放されていて、村の役場も機能してるようなしてないような。なんと村長はこの村に住んでいなくて、滅多に村に来ないそうです。警察もありません。なので、ゴミの処理や、下水の施設など、衛生環境は最悪です。ゴミは収集するとかのメカニズモがないから、川だの、そこらへんに散乱しています。すごいキレイな山に囲まれた村なのにこういうゴミを見ると悲しくなります。。。村に唯一ある公衆便所は悲惨どころの話じゃない。




村の人たちも衛生概念があまりなくて、汚い水でお皿を洗ったり、子どもたちも汚い手でものを食べたり。あたしもお腹痛くなったよ・・・。

あとは14,5歳くらいで女の子は子どもを産んでいたり。男性優位主義が根強く、基本的に男性は働かないで女性が一生懸命働きます。そして、アルコール中毒も深刻だそうです。そして父親から息子への暴力なども昔からの習慣になっていたり。

とりあえずインフラが整っていない!道路もないから、急病が出たら隣の村まで担いで1、2時間山を走らないといけないし。
水道は各家庭にきていない。電気は通っていますが、ちょうど私がいたときも1日電気がなかったり。

彼らの言語ハカル語も、若者どうしはスペイン語で会話するし、学校ももちろんスペイン語で教えます。もう小さい子の中にはもうハカル語を話せない子もいます。多くの村人はおきな都市へ出て行ってしまい、若者自体が少なくなっていて、文化も薄れてきています。民族衣装も前より着る人は(特に若者)少なくなっているそうです。


でもこれはこの村だけではなく、ペルーでは珍しい話じゃないんだよね〜。


明らかに役場と村長の力不足と、政府が何にも関与しないのに問題あり!

一刻も早く村がよくなるといいけど…。特に衛生環境はかなり悲惨。。。

はなし変わりますが、題について!

ペルーに殺意を抱くとき。

それはこっちの蚊やダニにさされたとき。

前にもダニかなんかにさされたんだけど、ものすごーーーーーーーーーーくかゆいんです。はんぱない。そして赤い発心が超出るの。。。

いまきっと村でさされたんだけど、腰部分と、右足に発心がはんぱなく発生しています・・・。そしてかゆすぎる。

前にさされたときは我慢できなくてかきまくってしまい、全部後に残ってしまいました・・・ちっ(怒った顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)もう日本でスカートはけないよ、、、

前住んでた家のお手伝いさんに見せたら

「ジャングルに住んでる人みたいな足してるね」

って言われた。

まじありえなーーーい。。。しかも全部おさまるまでに1ヶ月くらいかかるの!ちょうど日本人の友だちも同じ症状に悩まされていて、もう二人でまじ嘆いています。薬も即効性がないんだよね。あんまり効かない。。。

昨日大学の保健室行って注射してもらったけど、またかゆーーい。薬塗ってもダメ。

本当に恐ろしい。

でもこーゆーのペルー人はなんともないんだよね。免疫があるんだよ、きっと。笑
もうやだーーー。。。








posted by amy at 09:17| 東京 ☁| Comment(2) | ペルー国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

祝・GRUPO5来日!!

今回の日記はかなり身内ネタというか、めっちゃローカルなネタになります。笑

Grupo5(グルーポシンコ)


日本のみんなからすれば誰?って感じだと思いますが。

ペルーではSMAPどころではない周知度!
子どもから大人まで空前のGRUPO5大ブーム!!!

バスに乗っていても、ディスコテカへ行っても、パーティーへ行っても、レストランへ行っても、スーパーに行っても、どこへ行ってもGRUPO5の歌がかかっていないところはないといっていいほど!!本当です。笑

でも、私もペルーへ着いたばっかのときは

「なんだこの古臭い歌は・・・きっと80年代の歌だろうな〜」

なんて思っていたのですが、違います。最新なんです。笑
正確に言うと昔の曲をカバーしてるのかな。多分。
この曲と、映像を見ていただけると

え・・・・?これがペルーの大スター??

PVもう少し金かけられないの・・・?

撮影場所・・・公園・・・?

なんで今どきスーツ?

これが最新の曲・・・?

突っ込みどころ満載。


外国人留学生の間でも、GRUPO5はかなり笑いのネタ。
どんなにスペイン語カタコトのフランス人だろうが、GRUPO5の曲がかかるとみんないっせいに歌ってしまう魔法を持っているのです。笑

そんな彼らがなんと日本へコンサートの為に来日しましたー!

GRUPO5が本当に日本へ行ったところで私的にもうかなりツボ。

そして昨日夜、MSNオンラインにして課題やっていたら、一斉にペルー人の友だちから

「EMY!!!!今すぐ4チャン見てーーーーー!!!」とのこと。

見てみると、ニュースで「GRUPO5来日特集」がやってるじゃないですか!しかも20分くらい!

ペルーに住んでいたことがある人ならこれ見たらもう大爆笑間違いなし。
ちなみにあたしはもうかなり一人で大爆笑していました。笑

ニュースのGRUPO5特集→パート1パート2

やばすぎます。もうおもしろすぎ。

リポーター「見てください!みなさん!バナナが高い!!高すぎます!!」
八百屋のおばちゃん「ちょっと!!そこ、触らない!!!ダメって書いてあるでしょ!!!」

とか、

人生で初めて見た新幹線を見たGRUPO5
「CARANBAAAA!!!!!QUE ES ESOOOO!!!」
(なんだこれーーーーーっっ!!!)

ペルーでは大スターなのに、日本ではめっちゃエコノミーなてんやでご飯食べてたり、電車で移動してたり、素朴さがまたいい。

ニュース見て気づいたんだけど、日本の雰囲気からすると、彼らのテンションが高すぎて完全にういている!!!ははは。そうだよね、こっちの明るさじゃ日本人ついていけないわ。


このGRUPO5なんと、メキシコ、マイアミ、ヨーロッパ公演がひかえてるそうです。笑  どんだけだよーーーーー


GRUPO5を知ってしまったあなたは、今日からあなたもペルー通です。

posted by amy at 05:58| 東京 ☀| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月16日

APEC in PERUUUUUU



来週はいよいよAPEC(アジア太平洋経済協力)の首脳会談がここリマで行われます晴れ晴れ

この日の為にペルーはどれだけの莫大なお金と時間を費やしたことか…。
特に道路ね。道路。もうリマ中工事中だらけ。結局間に合ったのかな?

APECの参加国は…

日本,オーストラリア,ブルネイ,カナダ,チリ,中華人民共和国,香港, インドネシア,大韓民国,マレイシア,メキシコ,ニュー・ジーランド, パプア・ニューギニア,フィリピン,シンガポール,チャイニーズ・タイペイ, タイ,アメリカ合衆国

そうです!日本に馴染みの深い国一行がペルーにはるばる来てくれるみたいです。それにしても東南アジアからここまでどんだけかかるんだろう。。。

ちなみに私の大学にフィリピンの大統領アロヨさんが訪問するそうです。数ヶ月前にはコロンビアの大統領が来たのですが、その時は演説見たさに長蛇の列ができたそうです。同じことになること間違いなし。

新聞によると・・・

ミラフローレス(首脳団が泊まる地域)のホテルに3800人の警察配置。

ミラフローレス、サンボルハ、サンイシドロ(主用地域)に2300人の警備員動員。

148台の防犯カメラを増設。

APECのお陰で70のホテルで5500部屋が満室。

アメリカ一行は飛行機8から9機でペルー入り。
(ちなみにブッシュはミラフローレスのマリオットに宿泊予定)

あのブッシュが来るてことなので、セキュリティーはかなりぴりぴりモード。
APEC開催中はミラフローレスの大部分は道路封鎖されます。。。。

そしてリマっ子は木、金が特別休日になるので4連休になりまーす!
みんな海へさっそく行き始めるようです。

ブッシュやら各国大統領が派手にカジノやら、スイートルームで贅沢する中、私は卒論の為電話も村に一つしかない、電気も2002年にやっときたばかりという村に調査に行ってきます。アクセス不能な山の中にぽつんと孤立した形で存在しているので、大冒険な旅になる見込み!

APEC開催するお金あるなら、まだまだ電気もきていない、病院もない、道路も整備されてない村とかを最優先にどうにかしてあげないよってものすごい思っちゃいますが。。。

APECで「物事を最後まで成し遂げることができないペルー」の汚名を払拭できるのか。

きっと日本でもニュースで出ると思うのでチェックしてみてください♪



posted by amy at 01:01| 東京 🌁| Comment(2) | リマ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

どんなもんだい、ペルーの大学って

この間大学のお祭がありました。

友だちが行く度にがっかりすると言っていたのですが、彼の言ってた意味がなんとなくわかりました。笑

中途半端に盛り上がって終わるっていう。笑


朝の11時から始まって夜7:30に終わるんだけど、夜の7:30ってお酒もまわってきてこれから盛り上がるでしょ〜って時間に強制終了。




ペルー人ミュージシャンも数組呼んだみたいで。



夜になるとこんなのも始まって。(ちなみにあたしもチャレンジした〜)

ま、それなりに楽しんだんで良しとしよう。


-----------------------------------------------------------------

大学はイベント多し。

新学期が始まるよParty

中間試験終わったよParty

学期&期末試験が終わったよParty

これらは別に大学が主催してるわけじゃなくて、学生が主催してディスコテカを貸しきってイベントをやるんだけど、未だに一回も行ってないや〜。

今回行ったお祭は大学が主催(ビール会社&ラジオ局が後援)で、このほかにも学部ごとにスポーツ大会やったり、ゲーム大会したり、色々あるみたいです。

もう結構この大学にいるのに、今回初めて大学のイベントに参加した。てのも、ペルー人学生の一部テンション高すぎ、若すぎ。→苦手・・・。

それはさておき。

大学は日本と本当にシステムが違う!

私のペルーの大学は「いい仕事を得るため、会社に使える技術を身につけるため」

日本の大学って「大学の勉学を通じて人間形成」的なイメージが。

今は観光学を勉強してるけど、もうみんな電卓で経理だの、マーケティングだの、商品開発だの、もう会社で使うこと意外はいらん!ってな感じ。ま、確かに会社に勤めるには使える人材になるけど、んー、私はなんかそれもどうかな〜って感じます。

なんか、常に課題に追われてるけど、追われすぎて結局は浅くしか勉強してないって感じ。

日本に親の仕事でずっと住んでたペルー人の女の子と話してたんだけど、ペルーの小・中学校の教科書とかはんぱない分厚さなんだけど、一方日本の教科書って激薄い。

それがペルーと日本の教育の違いを全て語ってる!

ペルーの教科書はものすごいスピードでどんどんページを進んでいって、浅くかつ早く進んで行く。それがその子の一生に残ろうが残らなかろうかは関係なし。

例えば日本の国語の教科書って、

「このときおじいさんはどう思ったでしょうか」

「こうならないために私たちには何ができるでしょうか」

とか、量より内容を重視する感じ。

私は日本のシステムの方がいいと思うな〜。

はっきり言って日本であたしが勉強してることってこっちの国の人からすれば確実に「ムダな勉強」にしか過ぎない。

だって、勉強してることは会社のためにはなんにもならないし、電卓なんて一回も大学の授業で使ったことないし。課題に追われまくるなんてこと試験前くらいだし。

きっと机に向かって課題やってる時間は確実に少ないかもしれないけど、でも私なりに大学生活で物事を色んな角度で見れることができるようになったし、批判的に物事を見ることができるようにもなった。そうゆうのって私の一生に残るわけで、私は会社の為でもなく、自分の為に勉強してるって感じがある。

そして「課題に追われてる=勉強している」っていうのは必ずではない!

要に、勉強は量より質でしょと私は思います。

でもペルーは質より量って感じ。

しかもうちの大学超出席重視
その時点でもう大学の意味が違くなってる気が・・・。

ヨーロッパからの留学生は基本ペルーの大学では超適当に勉強する人がほとんどです。
っていうのも、教育の最高水準にある彼らからすると、「課題がバカバカし過ぎる」、「勉強してることも、出席毎回取るところも小学校みたい」、等など、なのでみんな勉強は二の次で旅行に走ります。笑 私はそこまで言わないけど、彼らの言ってることも一理あるな〜。


なんだか今日は結構大きな事を言ってしまいました。ははは〜。

posted by amy at 15:01| 東京 ☁| Comment(4) | 大学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

ラストスパート

もうデパートにはクリスマスグッズが並び始めました〜。もう11月突入ですね。

帰る直前まで思いっきり楽しむぞー!!

大学の課題&卒論などなどあるけど平日は勉学、週末は遊びまくる。このスタンスでいくどー!

来週の土曜日はCreamfields Peruが開催されます。



ヨーロッパの大きなエレクトロニックミュージックのイベントで、スペイン、ポーランド、イギリス、ブラジル、アルゼンチン、チリ、などでも行われるそうです。でもなぜここにペルーを入れてくれたのかは謎・・・。笑




入場料はペルーにしてはかなりお高め。

70soles (発売開始時)
86soles  ←この時点で私はチケットゲット
102soles(現在の価格)

今日からまた値上がりました〜〜。102solesって〜〜〜高すぎ〜。

日本人DJも一人参加します。

SATOSHI TOMIIE



音楽の話すると、結構ペルー人にこの人の名前出されます。中南米ではかなり有名だそうです。
でも今までSatoshi Tomiieの名前を正確に言ってきた人はいません。笑

楽しみだな〜。夕方6時スタート。友だちに「EMY!! 朝6時まで耐えられるように覚悟するんだよーーー!!」と言われました。笑 

リマ近郊のPACHACAMACという場所で行われます。ここらへんはリマから40分くらいですが、敷地も広くて、緑もたくさんあって冬でも太陽が出る場所なので、色んなイベントでよく使われます。

あと、ちなみに11月28日にスペイン人歌手のEnrique Iglesiasがペルーにコンサートで来ます。
あと、シンディーローパー(?)っていうあの80年代ミュージックの人だよね?確か。その人もペルーに来るそうです。

リマは、太陽が出る日は週に1、2回くらいに増えましたが、まだまだどんより曇り空の日々・・・。なのでたまに太陽が出る日はうれしすぎてそっこーTシャツ着て外に出掛けます。でも夕方になるとめっちゃ風吹いて寒いの・・・。涙


早く夏よ来いーーーーー



posted by amy at 01:02| 東京 ☀| Comment(0) | リマ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。