2008年10月27日

へるが〜〜

う〜〜、やらなきゃいけないこと、やるべきことはあるのに、なぜか日曜日ってダラダラしちゃうんだよね。。。

ていうことで、今日はペルーのスラング(=jerga)を紹介。

友だちとメッセで話すとたまにjergaについていけなくて「???え??なに??」ってなることしょっちゅう。笑

すさまじい数のjergaがあることが発見。なんとペルーのjerga辞書をHPで発見!→
ココ

ペルーの代表jergaといえば、

chevere=cool、超いけてる、最高、

若者と話せばすぐに聞けます。本当に。笑

それでは友だちと話すとよく聞くjergaをご紹介・・・

「bacan」  =最高!

「cuero」もしくは「churro」=かっこいい(男の子)、イケメン♪
例:El es muy cuero!!! 「彼超かっこいい!」

「chela」 =ビール

「chibolo」=(性格が)子どもっぽい
例: No me gusta salir con ellos. Es que son chibolos.
「あいつらと遊びに行くの好きじゃなーい。だってあいつら子どもっぽいんだもん」

「choro」=泥棒、不良

「chupar(舐める)」=(お酒を)飲む
例:Desde a que hora estas chupando?「何時から酒飲んでるの?」

「jato」  =家
例: Donde estas? 「今どこにいんの?」
 Estoy en mi jato. 「今家にいる」


「pata」=(男どうしで使う)友だち
例:Ahora estoy con mi pata. 「今友だちといる」

「pollo(鶏肉)」=お酒が弱い人
例:No tomas? 「お酒飲まないの?」
No, no tomo. Es que soy pollo. 「飲まない。お酒弱いんだ。」

「tirar(投げる)」=ヤル
例: Pucha... tire con Maria... 「やべー、マリアとやっちゃった。。。」

「tono」=パーティー, fiesta

「zanajoria(にんじん)」=つまんない、いけてない
例:Es una ley zanajoria! 「まじいけてない法律だし」
(補足:リマのBarrancoというバーや、クラブが集中する場所は3時に店を完全に閉めなくちゃいけない法律があります。そのときに友だちが言った言葉)

「china(中国)」=50センターボ
(補足:何で中国かというと、南米では細い目をした人とかアジア系の人のことを「china」って呼ぶんだけど、私の予測ではきっと目が小さい、=小さな→少しっていうニュアンスで、50センターボなんじゃないかな)

「lucas」=sol (ペルーの硬貨)
Cuanto esta la entrada? 「エントランスいくら?」
Esta 20 lucas 「20soles」

「piña(パイナップル)」 = ついてない、不運
Que piña que soy!! 「なんて俺ついてないんだ!」

「manyas?」= you know what I mean?

ざっとこんなもんで。
この中でも「jato」、「pata」、「tono」、「lucas」、「manyas」は男の子が本当によく使う!
jergaは女の子も使えるけど、少し品がない感じがするみたいです。

これを使えばすぐにペルー人と友だちになれること間違いなし。


【関連する記事】
posted by amy at 10:58| 東京 🌁| Comment(0) | スペイン語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。