2008年11月27日

ペルーに殺意を抱くとき

今回の題とは打って変わってブログの背景を少しクリスマスにしてみました〜雪雪クリスマスクリスマス

先週末APECの連休を利用して、LIMAの山のほうへ行って来ました。
(私が住んでいるのはLIMA県LIMA市(的な感じ)であって、LIMA県内は海岸地帯と、山岳地帯がありあます。)

今まで色んなところへペルー国内旅行してきたけど、リマ県内を旅行したのは実は初めて!
近いと逆に行かないってやつです。というのも、卒論の為ですが。

今回行ったのはYauyos市TUPEという村です。

この村はリマ県に住んでいる人でも知りません。

なんてたって、標高2800mの山奥にひっそり隠れているんです。

その村の人々は"ハカル"という、インカの言葉であるケチュア語より古く、なんとペルーの歴史上で最も古い言語を話すんです。スペインに征服され、インカもこの村に着いたのに、今でも彼らの独自の言語を保っているのです。しかもその言語はペルー国中でTUPE, AIZA, COLCAの3つの小さな村でしか話されていなくて、危機言語の一つでもあります。

村の人たちが着ている民族衣装も全くペルーらしくない!!刺繍がない。まじで謎だ!

そしてどうやってこの"ぐぶろーばりぜーしょん"とかいう世の中でここまで彼らの言語やら衣装やら、文化を守ってこれたのか。。。

それは地理的問題に深く関係しています。


TUPEへ行くには車では行けないのです。

山を歩かなきゃ着かなーーい。

Limaからどうやって行くかというと・・・

Lima
 ↓       
Cañete
 ↓
Imperial
 ↓
Catawasi 
 ↓
Aiza
 ↓
Tupe

リマからカタワシという村?町?まではなんとか問題なく行けます。ちなみにAIZAまでは車で行けるような道が整備されています。(去年道路ができたばかり!)でも、カタワシからAIZAに着けるかは運次第。笑 ちなみにトラックに乗せてもらうという方法しかありません。それかものすごい高いお金を払って現地の人の車で乗せてってもらうか。(めっちゃぼったくります。笑)

あたしは運悪く、着いた日にはもうトラックが出てしまったので仕方なく次の日まで待つことに。。。

早朝6時ほどに出発して車で1、2時間ほどで、AIZAに到着!

IMG_6468.JPG



で、AIZAからTUPEに行くには歩くしか方法がない。。。道が整備されていないんです。

IMG_6478.JPG

Aizaを出発!!

IMG_6489.JPG


TUPEまでの風景はとーってもきれい!

雪解け水なのでとーーーっても冷たかったー!休憩がてら足を入れたけど、冷たすぎてすぐぎぶあっぷ。


IMG_6501.JPG


滝も流れていたり



IMG_6513.JPG


AIZAから歩くこと2、3時間・・・TUPEに到着!

IMG_6526.JPG




村はものすごい小さくて人口もTUPEは200人ほど。TUPEには宿泊施設やレストランはありません。でも毎週観光客はぽつぽつ来るそうなので、空き部屋を貸してくれます。5〜8solesくらいかな。

でも1日目泊まった部屋は夜寝ていると・・・

がさがさがさ・・・・

がさがさが・・・・・

明らかに何か動物が動いている音がまじかでする。そしてその音は小さな小動物の動きではない…。見たくもないから必死に気にしないようにした。次の日聞いたら

「モルモットか、大きなねずみだよ〜。でも何もしないから大丈夫よ〜」とか言われた・・・。

それはさておき、夜は満点の星空が見れますよ!リマとうって変わってキレイな空気で、川も流れてるし、遺跡もあったり、もーーっと上に上ると湖もあるそうです。


こんなに小さい子も民族衣装を着て学校へ行きます。




小学校にもお邪魔させてもらいました。教室ではハカル語を教えてもらって、私は日本語を教えました。



私は観光ではなく、論文の為に行ったのでTUPEの現状や問題も知ることができました。

去年ピスコの大震災がこの村も影響して、まだ教会はくずれたままで、修復作業を村民がしていました。家もくずれたままで放置されていたり。




震災で学校が完全崩壊してしまい、今は仮の校舎で生徒たちは勉強してます。
これが仮の学校↓




仮とは言え、天井は隙間があったり、プレハブで日中はものすごい暑いし、雨が降るときは雨漏りするしで、勉強するには適切とはいえません。

この村はペルー政府にも完全に見放されていて、村の役場も機能してるようなしてないような。なんと村長はこの村に住んでいなくて、滅多に村に来ないそうです。警察もありません。なので、ゴミの処理や、下水の施設など、衛生環境は最悪です。ゴミは収集するとかのメカニズモがないから、川だの、そこらへんに散乱しています。すごいキレイな山に囲まれた村なのにこういうゴミを見ると悲しくなります。。。村に唯一ある公衆便所は悲惨どころの話じゃない。




村の人たちも衛生概念があまりなくて、汚い水でお皿を洗ったり、子どもたちも汚い手でものを食べたり。あたしもお腹痛くなったよ・・・。

あとは14,5歳くらいで女の子は子どもを産んでいたり。男性優位主義が根強く、基本的に男性は働かないで女性が一生懸命働きます。そして、アルコール中毒も深刻だそうです。そして父親から息子への暴力なども昔からの習慣になっていたり。

とりあえずインフラが整っていない!道路もないから、急病が出たら隣の村まで担いで1、2時間山を走らないといけないし。
水道は各家庭にきていない。電気は通っていますが、ちょうど私がいたときも1日電気がなかったり。

彼らの言語ハカル語も、若者どうしはスペイン語で会話するし、学校ももちろんスペイン語で教えます。もう小さい子の中にはもうハカル語を話せない子もいます。多くの村人はおきな都市へ出て行ってしまい、若者自体が少なくなっていて、文化も薄れてきています。民族衣装も前より着る人は(特に若者)少なくなっているそうです。


でもこれはこの村だけではなく、ペルーでは珍しい話じゃないんだよね〜。


明らかに役場と村長の力不足と、政府が何にも関与しないのに問題あり!

一刻も早く村がよくなるといいけど…。特に衛生環境はかなり悲惨。。。

はなし変わりますが、題について!

ペルーに殺意を抱くとき。

それはこっちの蚊やダニにさされたとき。

前にもダニかなんかにさされたんだけど、ものすごーーーーーーーーーーくかゆいんです。はんぱない。そして赤い発心が超出るの。。。

いまきっと村でさされたんだけど、腰部分と、右足に発心がはんぱなく発生しています・・・。そしてかゆすぎる。

前にさされたときは我慢できなくてかきまくってしまい、全部後に残ってしまいました・・・ちっ(怒った顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)がく〜(落胆した顔)もう日本でスカートはけないよ、、、

前住んでた家のお手伝いさんに見せたら

「ジャングルに住んでる人みたいな足してるね」

って言われた。

まじありえなーーーい。。。しかも全部おさまるまでに1ヶ月くらいかかるの!ちょうど日本人の友だちも同じ症状に悩まされていて、もう二人でまじ嘆いています。薬も即効性がないんだよね。あんまり効かない。。。

昨日大学の保健室行って注射してもらったけど、またかゆーーい。薬塗ってもダメ。

本当に恐ろしい。

でもこーゆーのペルー人はなんともないんだよね。免疫があるんだよ、きっと。笑
もうやだーーー。。。








posted by amy at 09:17| 東京 ☁| Comment(2) | ペルー国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

HUARAZzzz...

念願のHUARAZに行って来ました〜。

リマからバスで8時間。ワラスと言ったら5000m、6000m級のアンデス山脈に囲まれた町と、世界遺産に登録されている、ワスカラン国立公園とチャビン・デ・ワンタル遺跡。



ワラスの町自体は3100mくらいですが、ツアーなどで近郊の遺跡や国立公園をまわる際にはかなり高地までいきます。私も国立公園内で標高4500mくらいまでツアーのバスで行きました。ツアーの最初にレストランのような休憩所でみんなでとりあえずマテ・デ・コカを飲んで高山病対策。




でも高山病は睡眠不足と疲れさえなければOKAY!
逆に睡眠不足と疲れがあると悲惨なことに・・・頭痛の嵐。。。

私は高山病を防ぐために朝バスで出発して夜に着いてその日はホテルでゆっくりして次の日からツアーに参加することにしたのでへっちゃらでした〜〜手(チョキ)手(チョキ)食欲もいつものように満点!

ペルーではおなじみコカの葉が入ったお茶を飲めばなおべた〜〜



ツアー中はきれいな景色をたくさん通ります。大気汚染のひどいリマからワラスに来ると本当に空気が澄んでて気分がリフレッシュ!

5000、6000m級のアンデス山脈に囲まれます。



残念ながら曇っていたためあまりきれいに写真が撮れなかったので残念・・・。

ワスカラン国立公園(世界遺産)内にある

ヤンガヌーコ湖


雲ひとつない晴れた日にはとーーーーってもキレイな風景を見ることができます。



山の天気は変わりやすいので、出発したときは晴れてたけど、国立公園に着くころには雨も降ってきてしまいました。。。

7、8月は一番空気が澄んでてベストみたいですが、観光シーズンの大ピーク。。。ものすごい人です。

もう一つの目玉はチャビン・デ・ワンタル遺跡(世界遺産)






遺跡の中の一部は公開されていて、入ることができます。



遺跡の近くにはこの遺跡の博物館が7月にできたばかりなのですが、なんとこの博物館の建設は日本のODAによってお金を全額寄付したそうです。そのため日本とペルーの大きな国旗が飾ってありました。



完成したばかりなのもあってとってもきれいでした。しかも入場料無料!



ツアーのバスでガイドさんがこの博物館は日本の援助によって建てられた旨を話すと、ツアーのみんなが一斉に私に向けて拍手喝采。笑 

ツアーは終始みんな仲良くて楽しかったな〜。そのお陰で今回は一人旅だったけれども全然寂しくありませんでした。


近くの村では運よくお祭もやっていました。







この地方では少し縦長の帽子をかぶるのが習慣のようです。女性はみんなこの形の帽子をかぶっていました。毎回インディヘナの女性たちを見るたびにとってもオシャレだな〜というか、女性らしさをすごい大切にしてるな〜とつくづく思います。






どんなに寒い地方でも女性は必ずスカートだし、帽子もかぶって、しかもその帽子も人それぞれお花をアレンジしてつけたり、少し斜めにかぶっていたり、タイツの色もかわいかったり、髪の毛もきれいなみつあみにしていて、身だしなみをきちんとしています。

でも残念ながら観光地に行ってインディヘナの女性の写真を撮ろうとすると必ずと言って良いほど、チップをせびられますので要注意。笑  

ペルーNO1の観光地クスコなんて、彼女たちやかわいい子どもたちを勝手に取ろうものなら

「ワンドラーワンドラー」

といって近寄ってきます。笑

今回の行った村の帽子がすごいキレイだったので、間じかで勝手に取るのも悪いと思って「帽子だけなので撮ってもいいですか?」っと聞いたら、案の定。。。

「そりゃあもちろんあれ払うわよね。」

ただ帽子を撮りたいだけなのに。。。でもこれペルーではよくある話。

ペルーではぜったいにタダはない!

でも彼女たちと写真を撮るにはだいたい1solとかなので、日本円にしたら40円もしないのでここは気持ち良く渡すべきかもしれませんね。。。そのチップも彼女たちの少ない収入源の一つでもあります。

話が飛んでしまいまいましたが、とりあえずHUARAZはお勧め!笑
シーズンになると世界中の登山家が6000m級の山を制覇しに続々やってくるそうです。またこの地域の山の一部は世界一美しい山に選ばれたこともあるそうです。


ただ残念なことに、地球温暖化の影響で山の雪が年々少なくなっているそうです。私が撮った湖の写真も以前はもっと山に雪がかぶっていて今よりもずっときれいだったみたいです。

そしていい忘れましたが大勢のペルー人はワラスに何しに来るかというと・・・


雪を見に行くためにワラスへ行きます!!

そうなんです。南米のペルーは雪が降る場所はだいたい山の頂上とかだけなので、特に海岸沿いに住んでいるペルー人は雪を見たかとがない!!

ここワラスでは山の頂上付近までバスで行って雪山に上って写真を撮るツアーもあるくらいです。
泊まったホテルのお兄さんと話したときに、「雪まじかで見たことある?」って聞いたら、

「天国の階段(韓国ドラマ:ペルーでも大人気)でしか見たことがない」

とのこと。

でもその雪ツアーも温暖化の影響で雪がなくなる危機になっているので今はもう上るのは禁止されていて、近くまで行って触って写真を撮るだけになってしまったそうです。

観光が大きな収入源になっているワラスの町の人たちにとって温暖化はとっても重要な問題の一つです。

posted by amy at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | ペルー国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月03日

San Pedro y San Pablo

日曜日はリマからバスで約2時間ほど離れた小さな港町、Pucusanaへ行ってきました。



6月29日はSan Pedro y SanPaloの日です。カトリックの行事の一つで、日本で言うと漁業の収穫祭みたいなものです。

漁業の収穫祭って、かなりマニアックな祭に行ってきたもんだな〜。笑

早く着きすぎたため、港町に来たからにはおいしいシーフード料理を食べなきゃ始まらないということで、ペルーといったら・・・の、セビチェと、シーフードピラフ(っていうのかな?)を食べました。

IMG_4598.JPGかなり見づらいけど、これがセビチェです。

生魚なので、ペルーではセビチェは夕方以降は食べるもんじゃないという言葉があるように、これに当たるとひどいことになります。なので、結構一か八かです。ちゃんとしたレストランで食べれば当たることはないけど。

さすが新鮮なだけあっておいしかったー!

IMG_4599.JPGシーフードピラフ

3時過ぎからお祭(といってもかなり質素なものです)が始まって本日の主役

San Pedro




右手に魚持ってるー!!漁師の守護神だそうです。なので、港沿いのレストランなど、どこでもSan Pedroが祭ってありました。ちなみにこのお祭はペルーだけではなく、全世界のカトリックの国の港町もお祝いします。



San Pedroを船に乗せて港に出ます。





San Pabloを乗せた船を先頭に出発!それに続いて他の船も続きます。ものすごい数の船が出ていました!しかもタダで乗れま〜すぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)私も漁師の人に乗せてもらいました。



かなり先の方まで進み、(途中でどこまで行くか心配になるほど・・・)やっと止まって、牧師さんがお祈りを始めて、みんなでお祈りをして、海にお花などを捧げ、海の神様に感謝をします。

これは、立派なカトリックのお祭ですが、さすがラテンの国、カトリックだろうが酒がないと始まらん!

みんな船の上でめっちゃ酒飲みまくります!!酒盛りです。

そのお陰でみんな終始上機嫌♪



海の男はたくましい!(片手にビール)

港に戻るとき、アザラシ発見!



かなりローカルなお祭でしたが、なんだかアットホームな感じでとても良かったです。ご飯もおいしかったし♪


明日は大学主催の留学生お別れ食事会です!そうなんです、あたし意外全員留学生帰っちゃうんです。。。あたしだけ一人居残り。友だち激減だよ。寂しいなぁ。。。

posted by amy at 02:13| 東京 ☀| Comment(2) | ペルー国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

Trujillo



先週末は4連休だったので、Trujilloに行って来ましたー!
リマからバスで8時間。海のある地方都市って感じでした。友だちにTrujilloはそんなにたいした事無いよ〜と言われていたのであまり期待してなかったのですが、意外に私は好きでした!外国人観光客が多かった印象があります。





Trujilloといったらチャンチャン遺跡!!

あのインカ文明と争そった歴史を持つほど大きな帝国があったそうです。最終的にはインカ帝国に征服されてしまいましたが、チャンチャン遺跡お勧めです。この日は暑かった〜!!






なんだか写真ぱっかりになってしまって申し訳ないです。ははは。
百聞一見にしかずっていうじゃーん。

やっぱり地方は物価が安いね〜。そして私の大好きなフルーツもすんごい安いしおいし〜〜〜〜。
日本のすごい嫌なのがフルーツがすごい高いとこ!!だってTrujilloだとおいしいマンゴー1個20円とかだよ!甘いみかんも1キロ20円!!はんぱないよね。笑  かなりフルーツ食べたな〜。

もうフルーツなしじゃ生きていけない〜!!

こっちは祝日とかで連休になると、バスのチケットがものすごい勢いで高くなります。
今回も4連休っていうのもあって、同様に上がりまくり。
通常はリマからTrujilloは片道15ソルでいけるそうなのですが、私たちは行き30ソル、帰りは40ソルもしました・・・。そして帰りリマのバスターミナルに着いたらバスのおっちゃんが・・・

「Trujilloまで10ソル、10ソル、はい乗って乗って〜〜〜10ソルだよー」

ちなみにリマのバスターミナルからうちまでタクシー10ソルでした。またTrujillo行けんじゃんって友だちと笑って話してました〜。

行きの夜行バスは飛ばしまくりでほんと死ぬかと思ったーーー。でも生きて帰ってこれて良かった〜。

今回は前も一緒に旅行したペルー人グループで行ったんだけど、一人の男の子が常に冗談を言っていて笑いがずーーーっと絶えなくて、どこでも大爆笑している私たちは頭がおかしいんじゃないかときっと周りの人たちは思っていたと思います。でも楽しかったぁ。前回一緒に旅行したときは、ペルーに着いたばかりでほとんどみんなの話してる内容が理解できなかったし、その上リマの人たちだから男の子はめっちゃ早口でボソボソ話すからよけいにちんぷんかんぷん!たまにこの人本当にスペイン語話してるのかな・・・って思ったくらい。ポルトガルとか話してんじゃないかと疑ったり。笑

今回はそんな男の子達とも完全ではないけど確実に前回の旅行よりはコミュニケショーンが取れた!久しぶりに会ったから、みんなにも上達したねってお褒めのお言葉を。ありがたや〜。

言語って自分では上達したかって本当にわからない。だからこそたまに自分のスペイン語力の上達の遅さに不安になったり、いつになったらちゃんと話せるようになるんだろうって焦ったり。勉強すればするほどスペイン語って難しいーーーーって叫びたくなります。子供用の絵本を読んでもストーリーが理解できなかったときはほんと落ち込んだというか自分が情けなくなったー。

とかいって、意外にのほほ〜んとしてたりもします。へへへ。

posted by amy at 13:57| 東京 ☀| Comment(2) | ペルー国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月24日

SEMANA SANTA

前回日記に書いたとおり、木曜日からSEMANA SANTA(欧米ではEASTER)だったので、4連休でした手(チョキ)

私の住んでいる学校で働いている人に、「友だちと旅行行くけどもし良かったらAMYも来る?」と誘ってくれたので、喜んでついていきました〜わーい(嬉しい顔)


                                                                                今回旅行に行ったのは、アンデスの山岳地帯、標高3249mにあるHuancayo(ワンカヨ)という町に行きました。
リマからバスで約8時間。真夏のリマとは打って変わって早朝なのもあって激寒い!!Tシャツ1枚から、トレーナー、セーター、ジャケットをこれでもかってほど重ね着しました。ちなみに寒いと私は手首と足首に持病の関節痛が発症するので(笑)、タイツに靴下を、三枚はいて寒さ対策。

気になる高山病ですが、今回は無事体調を崩すことなく突破できました!なんだか、コツをつかんだというか、現地の人の言うとおり、@出発する前にお腹いっぱいご飯を食べる A心配なら高山病の薬を飲む B着い後はどんなにおいしくても腹7分目しか食べない(標高が高いと、腸や胃の働きが衰えるので食べ過ぎると要注意) Cマテ・デ・コカ(コカの葉のお茶)をたくさん飲む D睡眠をしっかりとって、無理をしない!! これが一番大事かもしれない〜。で、誠実にこれを守ったら今回はほぼへっちゃらでした〜パンチ




ワンカヨは静かな町で、リマとは違って空気もきれいだし、久しぶりにフレッシュな気分を味わえました。

町の雰囲気もいわゆる“ペルーっぽい”情緒があり、現地の女性の洋服もとてもかわいかった〜。


行ってから気づいたのですが、今回は誘ってくれた友だちの里帰りに友だちみんなで付いて来ました〜的なものだったので、ワンカヨではその男の子の家族と合流し、みんなで町を観光して来ましたひらめき


↑なんちゃってガウディー的な造りの、 “Parque de la identidad”
すごいきれいな公園でした〜。入場料無料ぴかぴか(新しい)



↑あいにく曇りで途中からものすごい通り雨が降りずぶ濡れになりました・・・
“Raguna de Paca”  大きな湖で、ボートに乗って遊覧グッド(上向き矢印)



お土産やさんもたくさんあり、寒さのあまりかわいい手袋を購入。



ワンカヨの郷土料理。手で食べるそうなので、がっつり手で全部食べました〜
右の釜のような穴に、お肉や、豆などを入れて焼いて蒸すそうです。



めっちゃガタガタな机で食べ終えて(笑)・・・

ワンカヨからバスに乗ること30分

友だちの実家があるコンセプシヨンという隣町に到着!




実家へみんなでお邪魔して、友だちのお母さんが私の大好物、代表的なペルー料理“パパ・ア・ラ・ワンカイナ”を作ってくれました。

作り方はこちらから

その後、町が一望できる丘を登ったのですが、さすがに標高が高かったので、息がかなりきつかった〜〜あせあせ(飛び散る汗)


おいし〜いすいかを途中で買って、歩いて食べながら軽く山登り



標高3376m地点・・・


そしてやっと頂上に到着!!


頭の上にも登れま〜す。(私は疲れのあまり下待機で写真係り)



夜はワンカヨに戻り、友だちの地元の友だちも合流して、ペルー定番中華料理屋さんでご飯を食べ、セントロ(町の中心)をブラブラ〜

さすが祝日なのもあり、ものすごい人でした!そして、何故かみんな風船で遊んでいた。。
友だちが日本と書いてある風船を見つけて私に買ってくれました!



いつの間にか私たちも風船で遊びまくる・・・(忘れてはいけませんが、標高3200m)


私の日本が〜〜〜


年下に遊ばれまくるSamuel若干31歳・・・(結婚相手募集中)

この後、日本の風船にみんながサインとメッセージを私に書いてくれて、日本にもって帰れるように空気を抜いてくれました。ほんとうれしかった〜。

遊んだ後にちょうどsemana santaの行事を観て、




宿に戻りぐったり疲れて就寝・・・。

ってな感じの3日間でした〜。こうやって書いてみると内容が濃かったな。
3日間ずっとみんなでにぎやかに過ごしてたから、今一人でこうしてるとなんだかみんなが恋しい・・・。でも全員リマに住んでいるのでまた近いうちに会えるはず♪今回のメンバーは30代の社会人から、同い年の21歳の大学生まで幅広い年齢層だったけど、おかまいなく悪ふざけして無邪気に遊び、そしてと〜ってもスペイン語の勉強になりました。

首都リマに住んでいると、ペルーの人の温かさを忘れがちになりますが、今回の旅で色々な人にとてもかわいがってもらい、まだ上手く言葉が話せない私にみんなとても良くしてくれました。

ペルー人のみんなに「ありがとう」とか、「さよなら」とか、日本人は苗字は一つしかないんだよ〜とか、チャーハンは日本食じゃないよ〜とか、色んなことを教えて、知ってもらい、私もペルーの事をいっぱい教えてもらって、友達の家族が「いつでもまた遊びにきてね〜」って言ってくれて、何だか去年私が感じた大好きなペルーを思い出す機会になりました。

バスでリマに帰ってくると、相変わらずのリマちゃんでした。
寒さで凍えていたワンカヨから、上半身裸でブラブラ歩いてるおっちゃんがいるリマに戻って、ジャケットやら、トレーナを脱ぎ捨て、いつもの生活に戻る・・・。

かなり長くなってしまいましたが、これが私のsemana santaでした晴れ

posted by amy at 14:58| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | ペルー国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。