2008年10月27日

もう10月も終わりかぁ。

もう10月も終わり。

こっちへきて早くも8ヶ月。

早すぎる!帰るまであと3ヶ月。

最初は12月の年末か、年明けに帰ろうと思っていたんだけど、急遽ここへきて起きた現象・・・

まだ帰りたくないいいい!!!!!!!!

ということで、航空券が330日のFIXなので、できる限る長くリマにいようと思います。1月の中旬過ぎに帰る予定です。

またお母さんにお金借りるしかないな・・・。

12月はまた旅行へ行く予定なので、実質リマにいれる時間は1ヶ月半くらいしかない。。。

ありえない。。。

帰るなんて悲しすぎるーーー。でもまだそんな感情に浸るのは早いか!

というのも、最近こっちの生活がすごい楽しくって。

正直留学前半はスペイン語力といい友だちといい、いろんなことに対して焦ってばっかで、こっちの生活に慣れるのにいっぱいいっぱいだった。

楽しくない、楽しいどっちかっていうと楽しかったけど、そこまでではなかったな。

でも今はすごい楽しい!

やっぱり生活にも慣れてきたし、なによりもスペイン語がわかるようになってきたのが大きいと思う。

前まではfiestaとか飲みに行っても、若者はすんごい話すの早いし、スラングばっかで会話を聞き取るのでいっぱいだっけど、まだ完全とはいえないけど、だいたい内容はつかめて、自分でも話しに入れるようになった。

最近ペルー人のみんなに「EMYはすっかりラティーナだ!!!」って本当によく言われます。笑

自分でもペルー人化してるなと思ったのは、

約束の時間になってまだ家で化粧しながらテレビみてるときに、トモダチから電話がかかってきたとき、

「もう今家出るとこ!あと少し!あと少し」

と、全然家でてもいないし、あと少しでもないのに、このペルー人お決まりフレーズを普通に口に出してしまうところとか。笑

ペルー人の口癖、「pues....」をすんごい私も言ってしまうところとか。。。


そういえば昨日ペルー人の女友だち3人でbarで飲んでて、よりによってあたし以外の2人がすさまじく酔っ払って、あたしが介護するはめに・・・。結構な量飲んだけど、そんなに簡単に酔っ払うペルー人は初めて見たよ!家に帰すのにまじ大変だったし。笑 しかもタクシーの運ちゃんにお金払うときに、一人の子が真面目な顔で

「はい、これ」

彼女がタクシーの運ちゃんに渡したものは、身分証明書と、アイシャドウ。

酔っ払ってるペルー人2人をあたし一人で介護したのは初めてだよ・・・。

---------------------------------------------------------------

話は変わりますが、今週の金曜日はHalloween!!(スペルあってるかな?)

日本はきっとソニプラがすんごいことになってるのが想像できます。

日本の裏側、ペルーはというと、ハロウィーンといったらfiestaや、ディスコテカ。友達同士では「31日どのfiesta行く?」っていう会話がよくでます。

なんだか色々ありすぎてまだ結局どれに行くかは考え中・・・。

31日の夜のリマのダウンタウンはすごいことになるそうです。

ディスコテカは人でごったかえし、タクシーは絶対につかまらないし、そしてタクシー待ちの人、人、人

恐ろしい!!

しかも今年は31日が金曜日だしね。

今週で10月も終わりかぁ。

帰るのを目前にして日々思うのが、時間を大切に使おうっていうのと、そして何よりも

楽しんだ者勝ちだーーー!!

でもそれって日本にいても、世界のどこにいても同じことだよね。


posted by amy at 08:42| 東京 🌁| Comment(0) | ペルー生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

国内でもペルーブーム

私がペルーへ出発する前に一人で勝手に日本にもペルー(中南米的な)ブームがきていると感じたのは私だけでしょうか?

出発する前だから今年の1、2月頃すごいテレビでインカ帝国だの、マチュピチュ、アマゾン、南米横断だのの番組を良く見た。ちょうど上野でも中南米の文明の展覧もあったからそれが火付け役になったのかな?

実はペルー国内でもペルーブームが起きているそうです。

日本もそうだと思うんだけど、欧米が「サムライ」、「ゲイシャ」、映画などで日本を使うようになる前は正直日本もそんな"日本らしさ"に興味なかったような気がする。

今リマでは若い子はペルーらしさ満点のバックを持つし、オシャレとしてポンチョ着たり、男の子は「PERU」って大きく胸に書いてあるTシャツきたり。

国外でもペルーは注目を浴びているようです。

ビルゲイツ、キャメロンディアス、アリシアキース等がマチュピチュを訪れたり。

最近ペルーでも話題になったのが
シンプソンもマチュピチュに来たんですーー笑



内容はインディアンジョーンズ同様かなりアメリカが勝手に描いた"ペルー"で話が進んでいるそうですが、ま、アニメなのでいいでしょう。笑

今年は国際ポテト年なのもあってポテトチップのLay'sがアンディーノバージョンを発売しました。バックの背景にはマチュピチュとかアンデスのおじさんがあったり。

でも正直味はびみょーーーーーーーー

てか味がない・・・・。




ペルー料理は南米でもおいしいと有名!私も大好きです。最近リマでかなり大規模なペルー料理の催物がありました。入場料は20solesとペルー人からすると結構お高い値段。20solesは入るだけで、タダで食べられません。笑



結構大規模に広告出してたし、そうとう宣伝には力を入れてたのでリマではかなり話題になっていました。その催物はリマの一流レストランやシェフを呼んで料理を披露したり、通常より安い値段で食事できたり、コロンビアやスペインからもシェフを呼んだみたいです。

私も行こうと思ったのですが、正直ペルー料理って安かろうが高かろうが味は大して変わらない!笑
おいしいのに違いわない。ってことで行かなかった〜。笑

たまたまその催物会場の目の前はバスで通ったらビックリ。。。

朝9時くらいだったのですが、会場前には
長蛇の列。
どうやら入場券の前売りはもうとっくに完売していたそうで、当日券を求めてかなりの人が並んだそうです。
恐るべしペルー人。ペルー人も金持ってるじゃん!!

先生の話によるとこんな現象はここ10年くらいでリマで起きたそうです。

先に言っておきますが、リマはペルーじゃない!!高層マンションだの、オシャレなカフェだの、マックだの、スタバだの、大型ショッピングモールだのなんでもあるけど、リマを少し出れば、高層マンションなんて存在しないし、ペルー第二の都市アレキパでさえマクドナルドはありません!スタバだのとんでもない。スーパーマーケットなんてペルーからすると新しい概念。もともとは市場で買っていたわけだし。

そんなわけで、リマの人は実は超偏見主義者だったらしいです。。。

田舎から出稼ぎに来た人にはいわする「田舎モノ」っていうレッテルをはったり、インカの言葉であるケチュアをリマで話すと
差別の対象。なので、ケチュアは話せるけどリマでは恥ずかしいから話さないという人はかなり多いそうです。リマのお金もちの人たちは旅行といったら「ペルー国内なんてありえなーい。そんなんだったらマイアミ行くわ〜。」ってなかんじ。ペルー料理もいろんな国から注目されるようになってリマの人たちもペルー料理のおいしさを再確認したり。

そんなんだったリマの人たちが、今じゃペルー料理のフェリアに大行列したり、ペルーって書いてあるTシャツだの、バックだのなんてすごい変化らしいです。


まさに外から見られることによって自分の文化を再評価するようになったってことかあ。

でも本当に国内を旅行するたびにリマはペルーじゃないって本当に思う。まさに外国。でもそんな大都会のビルの中でペルーの民族衣装を来たおばーちゃんを見るととてもおもしろい街だな〜ってすごい思う。新しいものと歴史と文化が混ざりあってるリマはエネルギッシュで多くの外国人もとりこにさせてしまう街です。

posted by amy at 02:03| 東京 ☀| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月10日

Woddy Allen

先日たまたまDVDで見た映画がとってもおもしろかったのでその映画を紹介します。

Woddy Allen監督
「Small Time crooks」(日本語題:おいしい生活)



友だちがこのDVDを買うとき一緒にいたのですが、お店の人が「それ新作だよ」っと言っていたのでまんまと信じてたら違うじゃないの!2000年公開だし・・・。

この映画はWoddy Allen監督・出演なのですがおもしろーーーい!

WEBから引用

元ギャングで一応(?)銀行強盗の経験もあるレイ・ウィンクラー。彼はある日、完璧な計画を思いつく。それは“銀行の近くの空き家を借り、そこから地下にトンネルを掘って金庫に到達する”というもの。が、その借りた空き家でカムフラージュにと妻のフレンチーが始めたクッキー屋が大繁盛する一方、肝心のトンネルは全然進まず……。

軽く説明すると・・・
主人口の夫婦は質素な生活をして金持ちになるのを夢見る日々。
その銀行からお金を盗むはずがカモフラージュのために始めた奥さんのクッキー屋さんがNY中で大ヒットしてしまう!そしてそのお店はフランチャイズすることで一気にアメリカ全土に進出!銀行強盗することでお金をゲットして金持ちになろうと思ったら、意外にもクッキーで夫婦は大金持ちになる!大金持ちになったとたん生活は一気に変わり奥さんと旦那さんは違った価値観を持つようになる・・・。

なんかすごいアイロニー満点で大好き!あれだけお金もちになるのに憧れていた夫婦がなったとたん、旦那役のWoddy Allenは早くも金持ちでいることに嫌気がさしてきて、

「おれはこんなわけのわからんフランス料理なんか食べたくないんだーー!チーズバーガーが食べたい!質素なスパゲッティーが食べたい!」

って言い出すしだい。でも奥さんはお金持ちであることをすごいEnjoyしてお金を浪費しまくる日々。

日本でも多分レンタルしてるんじゃないかな?Woddy Allenのシニカルな演技がすごい好き!

そんなことからWoddy Allen監督にはまり、次に見た映画が

マッチポイント



ストーリー:
アイルランド出身のプロテニス選手のクリス(ジョナサン・リース=マイヤーズ)は、自分のキャリアに限界を感じ、人生を変えたいと思っていた。そんな彼がロンドンのあるテニスクラブで教えるようになり、ハンサムな上流階級出のトム(マシュー・グッド)と親しくなったことがきっかけで、トムの裕福な家族とも交友を深め始め、オペラ鑑賞などにも誘われるようになる。そのうちクリスはトムの妹クロエ(エミリー・モーティマー)と付き合うようになるが、一方でトムのフィアンセで、アメリカからやって来た女優志望のノーラ(スカーレット・ヨハンソン)にも強く惹かれてゆく。


この映画もやばすぎるーーーー

なんて男ってバカな生き物なんだーーーーー

って見終わった後に男の前で大声で言ってやりたくなる映画。自分の彼氏もしくは旦那が浮気してたら何も言わずに「この映画観よ〜」って言って一緒に見たら男は凍りつくだろう。笑 いや、本当に!!
日本で公開してたときはあんまり興味がわかなくて見にいかなかったけど、これはかなりのヒット。

この映画はおもしろいというか、人間の愚かさがもう見ててはらはらしてくるのー!

おいしい生活とマッチポイントをみるとすごいWoddy Allenの人間性というか映画で何を表現したいかがすごい伝わってくる。

おすすめーーー。

posted by amy at 07:07| 東京 ☀| Comment(1) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

継続は力なり

7ヶ月ペルーにもう住んでいますが、

スペイン語ははんぱなく難しーーーーーい!!

未だに文法的にしっかりしたスペイン語は話せません。もう動詞の活用だの時制だので話すために頭をフル活用しなくちゃいけないので、文法なんて言ってられません。英語のが何倍もましだよ・・・。

だって感情によっても動詞の活用を変えなきゃいけないんだよ?感情って・・・。。。

なので常に勉強しないと良くならない!日本から持ってきたスペイン語の分厚い文法の本は時間があるときに自分の弱い部分を何回もやって、あとは私の大好きな映画!映画を普通に見るんじゃなくて、勉強するために見る!好きこそものの上手なれです。

字幕をスペイン語にして、常に一時停止、再生、一時停止、再生の繰り返し。

〜、こうゆう雰囲気でこの言い回しを使うんだ!とか、あー、このときはその時制を使うんだ〜。とか、文法が理解できないときはひたすら考たり、単語のボキャブラリーを増やすためにもいいしね。

ご覧の通りスペイン語には苦労しております。

でもこっちで勉強するとすぐに吸収するし、勉強しててもすごい楽しい!!勉強した後にメッセでスペイン語圏の友だちと話して、勉強したことを友だちが普通の会話で使ってるのを見ると、あーーーなるほどーーーーー!!ってなるわけです。

というわけでこのモチベーションを今生かさなきゃもったいない!

日本に帰ってからこのモチベーションを維持するのは至難のわざだな。。。だって使う日常で使う機会全くないもん。

あと音楽もいいけど、私は映画のほうが映像があって意味を理解しやすいな。

でも今回はBeyonceのIrreplaceableのスペイン語バージョンの歌詞はすごい簡単で訳しててもおもしろかった!
VIVA BEYONCE!!だね〜。 Ya largate!!!(もうとっとと出て行って!)とか最高。あんだけかわいいBEYONCEがこうゆう歌を歌うとなんかいいよね〜。


Irreemplazable  by beyoncé 

Ya lo ves, ya lo ves, te olvidé, olvidé! 
Ya lo ves, ya lo ves, ya lo ves amor esta vez, te olvide!
En el closet, en un rincon estan tus cosas, esto se acabo!
(あんたの物隅っこにおいてあるから!もう終わりよ!)

Te juro que ya no te aguanto más,
(あんたに誓うわ!もうこれ以上あなたには耐えられない!)
no te quiero ya ni como amante
(もうあんたのことなんか好きでもないし、愛人みたいに愛さないわ!)
esta vez no ganarás,
(今回は私が勝つから)
te puedes marchar,
(別にもう行ってもいいわよ!)
y no vuelvas jamas
(そしてもう二度と戻らないで!)
Y si acaso piensas,
que esta vez voy a perdonar,
(もしかしたら私が今回は許すとだろうってあんたは考えるかもしれないから言っておくけど)
ya verás que nunca más
me vuelves a engañar,
(今にわかるから!もう一生二度と私のことだまさせないわ!)
ya largate!
(もう早く出ていって!!)

que sabes tu de mi
(私の何をいったい知ってるわけ?)
no me hagas reir, tu creías que eras imprecindible
(私があんたがいないと生きていけないと思ってたなんて笑わせないでよ)

Pero sin tu amor no voy a morirme, baby
(でもあなたの愛なしでも別に死にわしないわ!baby!)
que sabes tu de mi no me hagas reir,
(私の何をいったい知ってるわけ?笑わせないでよ。)
Me verás con otro hombre a mi lado
(私が他の男といるのを今に見るわ)
Ya lo ves traidor voy a sustituirte,a olvidar tu amor

Ya me cure del dolor,
(もう痛みは治ったわ)
ya te saqué de mi corazón
(もう私の心にあなたはいないんだから)
Vete con ella solos los dos
(あの女と二人でいきなさいよ!)
Pobre de ti, largate me das asco
(あなたってかわいそうな人ね。出ていって!あんたがいると気分悪くなるのよ!)
Tu eres mi luz, Pero hay amores
que matan de daño
(あなたは私の光だけど、傷つきすぎて壊れてしまう愛もあるのよ。)
me canse de ti,
(あなたにはうんざり!)
ya no soy aquella infeliz
(もう私はあんな不幸な女じゃないから!)

Y si acaso piensas que esta vez
voy a perdonar, ya verás
Que nunca más me vuelves a engañar
Ya largate

que sabes tu de mi, no me hagas reir,
tu creías que eras imprescindible
Pero sin tu amor no voy a morirme,baby
que sabes tu de mi no me hagas reir,
Me verás con otro hombre a mi lado
Ya lo ves traidor voy a sustituirte,
voy a olvidar tu amor

ya no soy nada para ti
(もうあなたにとって私は何でもないから!)
alguien que no conoces
(私はもうあんたと他人だから)
Lo nuestro se acabó
(私たちはもう終わったのよ)
tanto daño al fin lo destruyó
(あんだけ傷ついて結局全部壊れてしまったのよ)
Nunca lloraré por ti
(二度とあんたのことで泣かないわ!)
Porque ya me cansé de ti
(だってあんたにはもううんざり!)
No eres mas inprescindible
(あんたなんて必要でもなんでもないわ)

ya lo ves ya lo ves,
te olvidé, te olvidé
ya lo ves ya lo ves,
ya lo ves amor esta vez te olvidé
Te olvidé, te olvidé
ya lo ves traidor voy sustituirte
voy a olvidar tu amor

que sabes tu de mi, no me hagas reir
tu creias que eras imprescindible
pero sin tu amor no voy a morirme,baby
que sabes tu de mi, no me hagas reir
Me veras con otro hombre a mi lado
ya lo ves traidor voy a sustituirte,baby

que sabes tu de mi, no me hagas reir
tu creias que eras imprescindible
pero sin tu amor no voy a morirme
No hay mas que hablar terminamos
este cuento al fin se ha acabado
me verás con otro hombre a mi lado
ya lo ves traidor voy a sustituirte
voy a olvidar tu amor!


この歌詞見るとすっきりするね〜!!

明日は祝日だー!わーい遊びに行くどーーー。
でも明日祝日にもかかわらず中間試験があるんだよね〜。ま、どうにかなるだろう!笑

CHAO!
posted by amy at 01:28| 東京 🌁| Comment(3) | スペイン語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月05日

HUARAZzzz...

念願のHUARAZに行って来ました〜。

リマからバスで8時間。ワラスと言ったら5000m、6000m級のアンデス山脈に囲まれた町と、世界遺産に登録されている、ワスカラン国立公園とチャビン・デ・ワンタル遺跡。



ワラスの町自体は3100mくらいですが、ツアーなどで近郊の遺跡や国立公園をまわる際にはかなり高地までいきます。私も国立公園内で標高4500mくらいまでツアーのバスで行きました。ツアーの最初にレストランのような休憩所でみんなでとりあえずマテ・デ・コカを飲んで高山病対策。




でも高山病は睡眠不足と疲れさえなければOKAY!
逆に睡眠不足と疲れがあると悲惨なことに・・・頭痛の嵐。。。

私は高山病を防ぐために朝バスで出発して夜に着いてその日はホテルでゆっくりして次の日からツアーに参加することにしたのでへっちゃらでした〜〜手(チョキ)手(チョキ)食欲もいつものように満点!

ペルーではおなじみコカの葉が入ったお茶を飲めばなおべた〜〜



ツアー中はきれいな景色をたくさん通ります。大気汚染のひどいリマからワラスに来ると本当に空気が澄んでて気分がリフレッシュ!

5000、6000m級のアンデス山脈に囲まれます。



残念ながら曇っていたためあまりきれいに写真が撮れなかったので残念・・・。

ワスカラン国立公園(世界遺産)内にある

ヤンガヌーコ湖


雲ひとつない晴れた日にはとーーーーってもキレイな風景を見ることができます。



山の天気は変わりやすいので、出発したときは晴れてたけど、国立公園に着くころには雨も降ってきてしまいました。。。

7、8月は一番空気が澄んでてベストみたいですが、観光シーズンの大ピーク。。。ものすごい人です。

もう一つの目玉はチャビン・デ・ワンタル遺跡(世界遺産)






遺跡の中の一部は公開されていて、入ることができます。



遺跡の近くにはこの遺跡の博物館が7月にできたばかりなのですが、なんとこの博物館の建設は日本のODAによってお金を全額寄付したそうです。そのため日本とペルーの大きな国旗が飾ってありました。



完成したばかりなのもあってとってもきれいでした。しかも入場料無料!



ツアーのバスでガイドさんがこの博物館は日本の援助によって建てられた旨を話すと、ツアーのみんなが一斉に私に向けて拍手喝采。笑 

ツアーは終始みんな仲良くて楽しかったな〜。そのお陰で今回は一人旅だったけれども全然寂しくありませんでした。


近くの村では運よくお祭もやっていました。







この地方では少し縦長の帽子をかぶるのが習慣のようです。女性はみんなこの形の帽子をかぶっていました。毎回インディヘナの女性たちを見るたびにとってもオシャレだな〜というか、女性らしさをすごい大切にしてるな〜とつくづく思います。






どんなに寒い地方でも女性は必ずスカートだし、帽子もかぶって、しかもその帽子も人それぞれお花をアレンジしてつけたり、少し斜めにかぶっていたり、タイツの色もかわいかったり、髪の毛もきれいなみつあみにしていて、身だしなみをきちんとしています。

でも残念ながら観光地に行ってインディヘナの女性の写真を撮ろうとすると必ずと言って良いほど、チップをせびられますので要注意。笑  

ペルーNO1の観光地クスコなんて、彼女たちやかわいい子どもたちを勝手に取ろうものなら

「ワンドラーワンドラー」

といって近寄ってきます。笑

今回の行った村の帽子がすごいキレイだったので、間じかで勝手に取るのも悪いと思って「帽子だけなので撮ってもいいですか?」っと聞いたら、案の定。。。

「そりゃあもちろんあれ払うわよね。」

ただ帽子を撮りたいだけなのに。。。でもこれペルーではよくある話。

ペルーではぜったいにタダはない!

でも彼女たちと写真を撮るにはだいたい1solとかなので、日本円にしたら40円もしないのでここは気持ち良く渡すべきかもしれませんね。。。そのチップも彼女たちの少ない収入源の一つでもあります。

話が飛んでしまいまいましたが、とりあえずHUARAZはお勧め!笑
シーズンになると世界中の登山家が6000m級の山を制覇しに続々やってくるそうです。またこの地域の山の一部は世界一美しい山に選ばれたこともあるそうです。


ただ残念なことに、地球温暖化の影響で山の雪が年々少なくなっているそうです。私が撮った湖の写真も以前はもっと山に雪がかぶっていて今よりもずっときれいだったみたいです。

そしていい忘れましたが大勢のペルー人はワラスに何しに来るかというと・・・


雪を見に行くためにワラスへ行きます!!

そうなんです。南米のペルーは雪が降る場所はだいたい山の頂上とかだけなので、特に海岸沿いに住んでいるペルー人は雪を見たかとがない!!

ここワラスでは山の頂上付近までバスで行って雪山に上って写真を撮るツアーもあるくらいです。
泊まったホテルのお兄さんと話したときに、「雪まじかで見たことある?」って聞いたら、

「天国の階段(韓国ドラマ:ペルーでも大人気)でしか見たことがない」

とのこと。

でもその雪ツアーも温暖化の影響で雪がなくなる危機になっているので今はもう上るのは禁止されていて、近くまで行って触って写真を撮るだけになってしまったそうです。

観光が大きな収入源になっているワラスの町の人たちにとって温暖化はとっても重要な問題の一つです。

posted by amy at 09:00| 東京 ☀| Comment(0) | ペルー国内旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月27日

LIMAに春到来

やったーーー!ついに春が来たーーーわーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)

憂鬱なリマの冬もやっと終わった〜。ほんとリマの冬嫌い・・・。毎日曇りだから、洗濯物全然乾かないし!ひどいとき乾くのに3日くらいかかるんだも〜ん。でも、日本人からすると、「え、これが冬なの・・・?」てな感じに寒くありません。日本で言う秋がこっちでいう真冬って感じかな。でもこっちの気候に慣れちゃうと寒く感じるんだよね。

最近は毎日待ちに待った太陽が出るんです晴れ晴れ晴れ

でも夜になると一気に冷えるので風邪に要注意!

早く夏にならないかな〜!12月と、1月が真夏ってすんごい変な感じ。真夏のクリスマスだー!へへへ。


9月からダンスをまた習い始めました〜手(チョキ)手(チョキ)
前はアフロペルアーナといって、ペルーの黒人ダンスだったんだけど、今回のダンスの講座の名前はずばり。

「ペルーのダンス」

この名前つっこみがいがありすぎ。ペルーのダンスってものすごーーーーい種類がいっぱいあるんです。
地域ごとに文化、習慣を持ってるから、その数だけダンスもあるわけで。なので、スポーツ教室の講座名が
「球技」ってなってるのと同じ感じで、球技でも野球があったり、テニスだったり、卓球だったり、いっぱいあるじゃん!って感じです。

クラスが始まって、ペルーのダンスって一体何を踊るんだ?って思っていたら・・・

本当に全部だった。笑


はい、それでは今日はペルーの黒人ダンスから始めましょう!

はい、次はジャングルのダンスいきますよ〜!

はい、次は北部のダンスね〜!!

めっちゃ全てに片足つっこみまくりって感じですが。笑
でもやっぱりフェステホっていう黒人ダンスが一番好きわーい(嬉しい顔)

このダンスのコースはいちをマリネラっていうペルーの代表ダンスがメインになっているみたいです。マリネラっていってもまた地域ごとに色々違うんだよ〜。

でもこのクラスは子ども向けと、大人でクラスが二つあったそうなんですが、今回は大人のコースが最低人数に達しなかったみたいで、あたし子どもたちと一緒にダンス習っています。笑

しかも子どもっていくつくらいかっていうと。。。なんと7歳とか。笑

「せんせー、トイレいってもいい〜?」

とかしょっしゅう。笑

幸い、18歳のアルゼンチン人の女の子がいるからその子とペアーくんで踊れるからよかった!

前回はカトリカ大学でダンスを習ってたけど、引っ越したのもあってICPNAのミラフローレル校で習い始めました。
2ヶ月単位で、100soles。

サルサを安く習えるという情報をGETしたので、この2ヶ月のコースが終わったらサルサを習おうかなと考えてます。サルサ大好きー!前はステップが難しくて踊れなかったけど、ディスコテカに行く度
、周りの人のステップ真似しながら地味に練習を重ねて(笑)、最近は踊れるようになったグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


でもペルー人(ラテンの人たち)踊るの上手い!腰のふりがやっぱあれはラテン人だけに与えられた能力だね。でもよく聞くのは・・・

「ラテン人だからってみんな踊れるわけじゃない」

ラテン人=みんな踊るの大好き!上手い!ってこれステレオタイプなんだろうね。踊るの嫌いって言う人は少ないと思うけど、上手く踊れるかはほんと人それぞれ。上手く踊れる人が多いってだけかな?


さ、今日は金曜日!友だちの誕生日なのでさっそく踊り(歌いに?笑)に行きまーーーす!笑

posted by amy at 01:40| 東京 ☔| Comment(3) | リマ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月22日

ディスコテカ

ラテンの国では踊ることはとーっても大事。

こっちの若い人たちは金曜日、土曜日の夜は友だちと過ごす日。

夜10時ごろ友だちの家にみんな集まって、ワインだの、ビールだのを音楽かけて、わいわいおしゃべりして、だいたい男の子が我慢できずに踊り始める。笑

夜中の12時ごろになってみんなで

「じゃあ踊りにでも行くかーーー」

ってことでディスコテカにみんなで向かうんだけど、いっつもそのディスコテカに向かうタクシーはぎゅうぎゅう!ペルーは基本的に入りきるまで乗ってokay(本当はだめなんだけどね。笑)だから、1台でいけば安く済むから2人くらい誰かのひざの上に乗ったりですさまじいことになってます。ちなみにこの間女の子7人(+タクシーの運ちゃん)でタクシー1台に乗りこんだ。笑






リマにはディスコテカはたくさんあります。でも場所によって雰囲気も音楽も全然違う気がするなぁ。ミラフローレスの外国人が多く集まるところは、欧米の最新のHIPHOPだのR&Bとか流れるけど、地元民が多く来るところはほっとんど欧米の曲はかからない。サルサ、レゲトン、クンビア、クリオージャ、少しエレクトロニックなど基本ラテンミュージックのみ。




でも私は地元人が行く方のほうが好きだなぁ。なんか地元人が行くディスコテカは全然気取ってる感じとかないし、みんなもう音楽とともに大熱唱でカラオケ状態。そして友だち、カップル同士でワイワイ踊りまくる。

この間ぼーっと客観視してみんなが踊ってるのを見ていたら、すごいなんだか素敵だな〜って思った。

みんなすごい笑顔で、その笑顔が本当にキレイ。
心から楽しんでいるんだなっていうのが一目でわかる。

友達同士ふざけて踊って爆笑したり、お決まりの曲が流れると大声で歌ったり、楽しさのあまり叫んだり、カップルはずーっとチューしてるし。(笑)


すんごい心が健康的。


日本人にはなかなかこのストレス発散の仕方は難しいよね・・・

私も今は踊るの大好き!!!でもラテンミュージックのみ。。。ペルー流が好き☆

昨日も朝の4時まで友だちとみんなでディスコテカで踊りまくってました。しかもその後また友だちの家へ行ってワインをあけてバスが始まるまで何故かペルーの環境問題について話した。笑


日本に帰ったら、この友達の家にみんなで集まってワイワイお酒飲んで、夜中にみんなで踊りに行くぞー!!って行って、タクシーにぎゅうぎゅうずめで乗って、っていうのがないんだな〜って思うととっても寂しい。。。うえ〜〜ん・・・。

posted by amy at 07:56| 東京 ☁| Comment(2) | ペルー生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月18日

こんな日もあるさ〜〜

今日は正に最悪な一日でした・・・

9月から私は自動車免許取得の為、教習所に通って、交通ルールだの色々勉強して、運転の練習もしていました。
でも別にリマで運転したいわけではなく、免許取得から3ヶ月以上通算こっちの国にいると、その免許を日本のに変えられるという素晴らしいシステム。私日本でも持っていないので。いちを日本のに変えるとき確認試験があるみたいです。詳しくはこちら

で、ペルーにおいてはDNIというペルー人は常に持つのが義務となっている身分証明書か、外国人登録証が必要。

私は1年しかいないから外国人登録証持っていません。。。なので、確認するために移民局だの、なんだかわからないオフィスまで行かされ色々聞いたら、あーたぶんあなたのOfICIAL VISAならきっと外国人登録証と同じ役割するから大丈夫よ〜って言われたので、かなり勉強していざ、試験へ。

もちろん身分証名書で問題発生。

パスポートはダメよ。

でも移民局だの全部行っていいって言われたんですが。。。

いや、無理。

でももう確認取ってるんですけど。・・・・・

おばちゃんとあたしのバトルスタート。

そこらへんは割愛させていただき、、、、


結局試験を受けさせてもらえなかったぁ・・・!!!

試験を受けれない=免許を取れない=私の今まで費やした時間と教習所代は・・・

最悪です。

ちなみにペルーで免許取りたい方はこちらに全部情報載ってまつ。

日本の免許システムからするとビックリするほど簡単というかシンプル。でもどうやら日本が厳しいだけで他の国もペルーもこれが普通っぽい。

とりあえず、教習所は別に行かなくてもOK。
練習はそこらへんの道で親とか友だちに教えてもらってマスターすればOK。
免許なくても隣に免許を持っている人がいれば基本OK。

ペルーは、

@身体検査(精神含む)試験  約40〜50soles
Aパソコンによる理論問題(最近は事故が多すぎて30問から40問に最近増えたそうです。10問以上間違えるとアウト)
B運転の試験  AとB合計で約50soles
C免許状発行   約30soles

150soles(約5000円)もあれば免許取れてしまうんです!日本ってありえなく高すぎ、、、

私が通っていた教習所というよりもただの小屋に近いんだけど(笑)、Latino's carは180solesで、6000円ちょいでした。でもすごいいい人たちで、かなり満足!小規模だからマンツーマンで授業してくれるし、とーっても親切。時間がある人なら半月で全部終わります。

は〜〜、無駄にペルーの交通事情に詳しくなってしまったよ。。。

でも勉強に無駄はないと信じて、過ぎたことは過ぎたことにします。

地味に結構頑張って勉強したな。。。

ペルーで免許持ってなくて外国人登録証を持っている方はぜひお勧め〜〜

posted by amy at 07:27| 東京 ☀| Comment(0) | ペルー生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月11日

驚くべき現実…

またしても間があいてしまいましたが、世界のどこかでまだ読んでくれてる人がいることを信じて書きま〜す(笑)

最近教習所に通っているので、教習所+大学の少しハードな生活が続いています。。。

今観光における環境問題についての授業を取っていて、色々ペルーの環境問題事情を聞いてるとたまに開いた口がふさがらなくなるほどのビックリな事実が次々と。。。

まず第一に、ペルーの首都リマ、人口約900万人。
なんと下水処理施設を持っていないらしい。。。つまり、一般家庭から出る食器を洗った洗剤の水や、工場とか、トイレの汚水、ぜーーーーんぶ海に垂れ流し。。。。

ありえなーーーーい・・・




こんなにキレイで夜はロマンティック黒ハートなんて言ってる場合じゃありません。
この海は汚染がかなり深刻。でも残念ながらリマに私も住んでるってことは私も汚染の原因をつくっているってことなんだね。。。

次は、リマの深刻な大気汚染。

これは本当にひどい。このブログでも書いてるけど、私はリマに着いてから1週間大気汚染のひどさにせきが止まらなくて本当に肺炎になるかと思ったほどです。せきがひどくて話せなかった。幸にも不幸にも今はもうすっかり慣れてせきはでないけど、未だに交通が多いところに行くと頭痛がすごいします。おおげさに言ってるわけじゃなくて本当に!大気汚染で喘息の人もかなり多いです。世界で6番目に喘息の人が多い国。中南米の中の都市では、メキシコシティー、チリのサンティアゴ、ペルーのリマが大気汚染が最もひどい都市みたいです。

授業中にリマの大気汚染についての映像を見てた隣で友だちが吸入器をすっていたので、「もしかして喘息?」って聞いたら「うん」とのこと。深刻です。リマは好きだけど、絶対にこれ以上長くは住みたくない!それはもちろん大気汚染がひどいから。私もこの1年で相当害をうけただろうな・・・。でも残念ながらその原因を作ってる車のほとんどが日本製。日本人が使わなくなった古い車を輸入してこっちで使っているからなんです。

スペイン語だけど、このニュースの映像見ると私の言ってることがわかるはず。→ココ


あともう一つ、チチカカ湖に行って、浮島に泊まった時簡易トイレへ行きました。同時にふと考えた・・・

待てよ、、、この汚水はいったい全体どこへいくんだ・・・

それについて環境問題の先生に聞いたら答えは

「残念ながら垂れ流しです・・・チチカカ湖も汚染がかなり進んでいます」

や、やっぱり・・・・



こんなきれいな湖の上で泊まれて、しかもその湖で釣りたての魚の料理が食べられるなんて〜
なんて言ってる場合じゃない。。。

ペルーを色々旅行してすごい思うんだけど、意外に現地の人が自分の町を平気で汚してる。この間ジャングルの方へ旅行に行った時も、すごい緑があってきれいなのに、女の人が普通に食べ終わったお菓子の袋を平気で川に捨てるし。。。そういうのなんだかがっかりするよね。でもそれが現実。誇れるほどの素敵な自然とか、文化とか、町並みとかがあるのに、その町の人は何にも気にしない。

授業で先生が撮った写真の一つに、ペルーの小さな村なんだけど、大きな看板で

「ゴミは川へ」

ひどい!環境についての意識が本当にない!本当にそれはびっくりする。バスに乗ってても、バスの窓がみんなゴミ箱だと思ってるみたい。飲み終わったペットボトルとか、お菓子のゴミとか、平気で窓から外に投げて捨てるし。。。

やっぱそういうのってペルーは教育をちゃんと受けてる人が少ないからなのかな。大人がそんなんだったら子どももそうなるわな〜。

もっとペルーの人たちが自分たちの置かれてる環境がどんだけひどいか気づいてくれれば良いなぁ。

posted by amy at 01:53| 東京 ☀| Comment(1) | リマ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

奇跡の復活

まだ読んでくれてる人いるかなぁ・・・笑

無事旅行から帰ってきました。旅行の土産話は気が向いたときに書いていきま〜す。

それより今日見たコロンビア映画について



MARIA, LLENA ERES DE GRACIA
(日本語題:そして、ひと粒のひかり)





(以下引用)
17歳の少女を主人公に、南米コロンビアの非情な現実を描き出した衝撃のドラマ。お金を稼ぐため、危険な麻薬の運び屋となった少女が辿る過酷な道行きと心の成長をリアルかつスリリングに綴る。ヒロインを演じたカタリーナ・サンディノ・モレノはコロンビア人として初めてアカデミー主演女優賞にノミネートされ大きな話題となった。また、新人監督のジョシュア・マーストンも数々の賞を獲得、一躍期待の若手監督として大いに注目を集める存在となった。
 コロンビアの小さな田舎町。バラ農園で単調な仕事に従事する17歳の少女マリア。母や幼児を抱えた姉をはじめ一家の家計はマリアの収入に頼っていた。ところがささいなトラブルで仕事を失い、おまけに愛してもいないボーイフレンドの子を妊娠してしまったマリア。追い詰められた彼女は、最大5000ドルという巨額の報酬に心動かされ、“ミュール”という仕事を引き受けてしまう。しかしそれは、麻薬を詰めた小さなゴム袋を大量に飲み込み密輸する運び屋のことで、もし胃の中で袋が破れたら死んでしまうというあまりにも危険な仕事だった。

日本でも2005年に公開されてたみたいです。しかも主演の女優さんと監督が来日もしてたみたい。

カタリーナ・サンディーノ・モレノ


この主演の女優さんとーーーても良かった!そしてさすが美人の生産国コロンビア!!

コロンビアといったら、麻薬、内戦。

でもコロンビアといったら、シャキーラ、美人大国!!

もうみんな帰ってしまったけど、コロンビアのお友だちが多くて、みんな良い人だったし、とーーーってもコロンビアに興味を持つようになりました。コロンビアに旅行に言った人は大体の人が大絶賛するみたいですよ。コロンビアに行ったことのあるフランス人の友だちがこれだけキレイな国なのに悪名高いし、みんなに恐れられていて逆にコロンビアはかわいそうだと言っていました。確かに。。。

ただ世界中に"コロンビア=麻薬、内戦"というイメージがあまりにも強いせいで、観光客は少ないそうです。
でも友だちが首都BOGOTAに関しては、よっぽどLIMAの方が危ないと言っていましたが・・・笑

話は映画に戻って・・・

ドラッグのディーラーは意外に女性が多いそうです。この映画でもそうだけど、やっぱり女の人は自分の家族、子供の為なんとかしてお金を稼がなきゃって必死になるから、この手のハイリスク、ハイリターンな仕事につくみたい。そして女性のディーラーは警察の目にとまりにくい。この仕事は一度でコロンビアの田舎なら家を1件買えるくらいの大金が一度のやり取りで入る。

1時間半ほどの映画だけど、彼女から1秒たりとも目が離せませんでした。こういった仕事に就くのはもちろん良くないけど、もし自分がそういった究極の立場に置かれたらって考えると、責められない気がする。でも本当にお金を簡単に稼げる方法ってどこの国行ったってない。

ちなみにペルーの映画は下品なものばっかだから絶対見ないほうがいいと言われました・・・笑

ラテンアメリカの映画をもっと見たい!きっとメキシコとかの映画なら質がいいものがありそう。

この映画のDVDがレンタル屋さんにあったらぜひ見てくださ〜い。
posted by amy at 15:21| 東京 ☁| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。